Top > ペットくすり > 人気のお薬 > シーナック (白内障治療の目薬)1本

シーナック (白内障治療の目薬)1本

c-nac
定価(税込)
¥3,300
販売価格(税込)
¥2,800
内容量
1本/10ml
在庫状態
在庫有り
数量1本/10ml

シーナック (白内障治療の目薬)に関するご説明

英語表記:c-nac

対象動物:犬、猫の薬

ジェネリック元:キャンC

効果効能:白内障

内容量:10ml

お薬販売ブランド:Intas Pharmaceutical

メーカー:インタス

有効成分:Sodium carboxymethylcellulose IP 3mg,N-Acetyl-Carnosine 1% w/w,Glycerin IP 10mg,Sta

お薬形状:drop

シーナック (白内障治療の目薬)に関する商品詳細と特徴

シーナックとは、キャンCと成分が同じで、白内障予防や白内障治療などに使用するお薬です。
ワンちゃんと猫ちゃんの両方に使用可能で、犬猫の眼球の水溶液にしっかりと浸透し、酸化防止剤として白内障を治療してくれるのです。
白内障の改善効果がちゃんと期待できる犬猫用の目薬です。

シーナック目薬は、主成分にけい酸カルボキシメチルセルロースとグリセリンを含んでおり、ドライアイを防ぐ効果や、目の痒みやペットの加齢による目の問題にも対応出来ます。


【参考情報】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※白内障とはどんな病気なの?

白内障になる原因としては、加齢によって目の水晶体の酸化が進み、白濁してしまい、最悪の場合、失明してしまう危険な病気なのです。

酸化防止剤・カルノシン不足が原因で体内が変化すること発症します。
ペットが老衰してくると、犬猫の細胞内のカルノシンという複合アミノ酸が減退し、水晶体の酸化が進み、白内障にってしまいます。


※元々、人に対して発症する病気で、アメリカで100万人/年、以上もの人が手術を受けているのですが、最近では犬猫での発症も増加傾向となっており、
犬猫にも同じお薬を使用することができるのです。

※人が使用した際には、患者の90%でいろいろな目の問題の改善が現れた統計もあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

シーナック (白内障治療の目薬)の飲ませ方

【使用方法】

・使用始めの6か月間に関して
 ⇒両眼:1日、朝夕で2回使用し1滴点眼

・使用始めの7か月以降に関して
 ⇒両眼:1日、1回の使用で1滴点眼

※獣医師の指示に従い、どのワンちゃんにも上記の量を使用します。
※わからない場合には、獣医師に確認することをオススメします。

シーナック (白内障治療の目薬)の注意点

【注意事項】

・購入時の状態は先に穴が開いておりませんので、まず、キャップを開けて、
 プラスチックのシールを外した後にキャンプを強く閉め直しましょう。
 ※キャップ内の突起している部分がボトルを開封してくれます。

・未開封時は、気温25℃以下で保管。

・開封後は冷蔵庫保管がすることをオススメします。
※1ヶ月程度であれば、室温保管でも問題ございません。

・子供には危険ですので、近くに置かないよう注意しましょう。

・本商品を使用した際に、目に異常が現れた場合は医者に相談してください。

内容量違いシーナック (白内障治療の目薬)3mg + 1% w/v 10 ml

数量1本/10ml

お客様の口コミ情報

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

*