Top > ペットくすり > 中型犬 > オムナコーチル5mg/20mg

オムナコーチル5mg/20mg

Omnacortil

オムナコーチル5mg/20mgに関するご説明

英語表記:prednisolone dispersible tablets Omnacortil 20mg

対象動物:犬の薬

効果効能:アレルギー、炎症、自己免疫症、呼吸器、肺の病気、皮膚病、腸の病気、脊髄、脳

内容量:100 Tabs

お薬販売ブランド:Macleods Pharma

メーカー:Macleods Pharma

有効成分:プレドニゾロン(Prednisolone) 20mg

お薬形状:Tablet

オムナコーチル5mg/20mgに関する商品詳細と特徴

オムナコーチルは、アレルギー性、炎症性、免疫系などのたくさんの疾患に対して効果を発揮する合成副腎皮質ホルモンで、
呼吸器や肺の病気、アレルギー、炎症、自己免疫症、皮膚病、腸の病気、脊髄、脳や血液の病気などに使用されているのが特徴です。
※副腎の不調、アジソン病、バクテリアショックの治療にも使用されることもあります。

※有効成分に含まれるプレドニゾロンは、炎症やアレルギー性の病気の症状を改善する免疫抑制剤として知られています。

オムナコーチルの抗炎症作用は、他の合成副腎皮質ホルモンと言われている「コルチゾン」や「ヒドロコルチゾン」の3〜5倍あるのですが、
ナトリウム貯留作用に関してはやや弱いとされています。

オムナコーチルは副腎皮質ホルモン作用薬の中では、下垂体副腎系機能の抑制時間が短い部類に属していると言われていますが、
副腎皮質ホルモンは生命を維持するために必要な物質であり、その物質が混じり合うことによって、免疫抑制作用や抗アレルギー作用を持ち、
急性副腎不全、下垂体機能低下症の緩和など、副腎皮質ホルモンの不足が原因で起こる病気に対して補うために使用される場合もあります。

オムナコーチル5mg/20mgの飲ませ方

【使用方法】

<抗炎症の場合の使用量>
・体重1ポンドに対して ⇒ 0.1ミリグラムから0.3ミリグラムです。
 (上記は体重1キロあたりに対して0.2ミリグラムから0.6ミリグラムに相当します)。
 ※1日2回まで使用可能。


<免疫抑制の場合>
・体重1ポンドに対して ⇒ 1〜3ミリグラム(1キロあたり2〜6ミリグラム)で1日に3回まで使用可能。


<その他の病気>
・体重1ポンドに対して ⇒ 0.1〜3ミリグラム(1キロあたりは0.2〜6ミリグラム)を使用。

オムナコーチル5mg/20mgの注意点

【注意事項】

※プレドニゾン(プレドニゾロン)の使用量は処方によって異なりますので、ご確認の上ご使用ください。

※使用期間は症状によって異なり、副作用の出方にも影響されます。

※実物は写真と異なる可能性もありますので、ご確認ください。

内容量違いオムナコーチル 20mg 100錠 オムナコーチル 5mg 100錠

注文番号 タイトル (定価)販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
Omnacortil_20_100 オムナコーチル 20mg 100錠 (¥3,900) ¥3,310
在庫有り 1箱/100錠入り
Omnacortil_5_100 オムナコーチル 5mg 100錠 (¥3,000) ¥2,600
在庫有り 1箱/100錠入り

お客様の口コミ情報

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

*